遺産分割と相続税の収め方

Q、遺産分割をした際の相続税はどのように収めればよいのでしょうか?


これから我が家では被相続人が残してくれた財産について分割協議を行っていきます。
最終的には相続税を納めなければならないと思っているのですが、相続税というのはどのように収めればよいのでしょうか?
他の税金に関しては市役所から請求書が届きますのでその通りに支払う行っているのですが、相続税についても市役所や税務署などから通知が届く仕組みになっているのでしょうか?
それとも残された財産や分割した財産について、どこかに申告しなければ相続税というのは支払ができないのですか?
相続税の支払い方法などについて詳しいことがわからないため、これから分割協議を行っていく中で不安に感じています。
相続税の計算方法などについても分からないので支払うべき金額についてどのように把握するのが良いのでしょうか?
今後の分割協議において、誰が相続税を支払うのかといった部分も相続人同士で話し合いをしなければならないと思っているので詳しいことが知りたいです。

しかし相続税を納めたうえで、それぞれの分野での受け取り安心した状態で今後の生活をしていきたいと思っているので、できるだけスムーズに相続税の納付までを済ませてしまいたいというのが本音です。

A、相続税の対象になるかどうかを税理士さんに聞いてみましょう。

遺産分割において、相続税の対象となるだけの財産が残っているかどうかは現金での財産も含め、その他土地を評価した際の価格なども全て含まれてきます。
さらには、被相続人が残した預貯金などについてご財産と言う扱いになりますから、このような財産をトータルした金額で3600万円を超えなければ相続税の対象とはなりません。

また、保険会社などから支払われるお金については相続人の人数に500万円をかけた金額までは相続税に対しての向上となっていますので相続税の対象にはなりません。
詳しいことについては税理士さんに確認してみるのが1番と言えます。

相続税の納付期間については基本的に財産が残されていることを知った日、もしくは自分が相続人だということを知った日から8ヶ月以内と言った決まりがありますので、この期間中に相続税の申告を行い納付までを済ませる必要があります。
もちろん、この期間を過ぎてしまったからといってお咎めなどはありませんが、遅延金がついてしまうことがあるので、期間内に納付した方が良いといえるでしょう。

相続税がいくらになるかというのは実際の財産をすべてトータルして計算してみなければわからないものですから、ここはやはり専門家となる税理士さんにお願いするのが1番の方法です。
また財産として残っているものも細かく記した申請書を作らなければならず、こういった申請書の作り方についても一般的には詳しく知らないことがほとんどですので、正しく間違いのないように記入するためにも税理士さんに教えてもらうと良いでしょう。
実際に財産を計算してみたところ、相続税の対象とならないといった場合には申告書のみを提出し相続税の納付を行う必要はありません。
また相続税の支払いについては基本的に相続人がそれぞれ平等に収めるというのが一般的ですが、どうしても経済的な事情で相続税を納めることが難しい相続人がいる場合には、他の相続人がフォローしてあげると言った方法もあります。
最終的には残された財産に対して支払うべき相続税が支払われれば、税務署等から督促や催促が行われることはありません。

ただし相続人の1人でも相続税を支払わない状態でいると、いつまでも催促が続いてしまうことになり、他の相続人にも迷惑がかかりますので、こういった部分は分割協議が終了した後相続人が全員揃っている状態で相続税の納付までを進めていくと良いでしょう。
相続税を支払った相続人の名前や実際に支払った相続税についても公正証書に残す際には、細かく記入しておくと後々トラブルになってしまうような懸念もありません。このように相続では様々な手続きが必要です。東京・立川エリアで相続手続きに関する無料相談なら順風法律事務所がおすすめです。

Q、被相続人に多額の借金があることを知っています。そのため相続が怖いですが、どうすればよいでしょうか。

被相続人となった私の父は生前から様々な負債を抱えていたことを知っています。
実際に亡くなった後、財産を確認すると、やはりたくさんの借金問題が発覚しました。
金額にすると1000万を超えているため、財産を相続してしまうと私自身がこの借金も支払って行かなくてはなりません。
しかし、私には経済的にそこまでの余裕がなく、自分では住宅のローンを組んで返済をしていますので、家族を養っていくためにも父が借金を返すような余裕はありません。
父は借金を抱えていたため現金としての財産はありませんが、いくつか土地を持っていて、この土地に関しては、相続をしなければなりませんが、この土地を相続すると借金も同時に背負ってしまうような形になるのでしょうか?

相続問題はプラスもマイナスも同時に引き受けると言った話を聞くことがありますので、財産放棄をしなければ自動的に借金を背負ってしまうのではないかと非常に不安に感じています。
このような場合には父が残した土地を財産として引き受けた上で売る形で現金に換え、その上で父が残した借金の返済に充てるということもできるのでしょうか?
それとも相続した土地などは売ることができずそのまま保管し続けながら、さらに借金の返済も続けていかなくてはならないのでしょうか?

A、分割協議によって様々な方法が考えられます。

これから遺産相続をするようですので様々な方法が考えられます。
まずはお父様が土地を残してくれたということですが、この土地そのものも相続せず、さらには借金も相続しないといった形で財産放棄をすることができます。
この場合には当然ですが、土地を引き継ぐことはできないため多少現金に換えて云々ということは一切できなくなってしまいます。
またその他の法定相続人が誰かになるか存じませんが、法定相続人を含め、その他にも相続人がいれば、慰謝料に記されていた相続人を含めて、限定承認という方法があります。
この方法であればプラスとなる土地を引き継ぎ土地を売った現金で、マイナスとなる借金返済に充てるといったものになります。

この場合は借金の返済にあてるといっても土地を売って自分の取り分として引き継いだ現金を超える金額で借金の返済をする必要がありませんから、マイナスを抱えてしまうような心配がありません。
ただしこの限定承認に関しては質問者様を含めその他の相続人も全て同意で同じ方法で相続協議を終了させる必要がありますので、十分な話し合いが必要になってくるでしょう。

そしてもう一つは質問の中にもありますが、単純承認といってマイナスとなる借金も残してくれた土地に関しても、すべてを引き継ぐといた形になります。
もちろんその上で土地を売ることが可能になっていますので、土地を売って借金の返済をするという方法になります。
上記のようなケースでは最もベストなのが限定承認かと思われますが、他の相続人の方と相談してみましょう。
限定承認であればプラスを超えるマイナスが発生することはありませんし、少しでも被相続人が残した借金の返済を行うことができますので、気分的にもスッキリとした状態で遺産相続問題を解決できるでしょう。

またどの程度まで土地が残されているのかわかりませんが、相続税の対象にならなければ相続税を支払う心配もありませんから、やはり質問者様にとってマイナスになってしまうようなことはないといえるでしょう。
ただし上記の通り、限定承認に関しては他の相続にも同意しなければなりませんから、ここで話し合いがうまくまとまらないようであれば、まずは一度税理士さんに相談してみてどんな方法がベストなのかを聞いてみると良いです。